第11回 「ラムサール登録干潟の水鳥たち」

日時令和2年2月15日(土) 13:30~15:30
場所さが水ものがたり館
資料代200円
定員先着40人
申込み不要
佐賀・鹿島市民の地道な活動が実って平成27年(2015年)6月、東よか干潟と肥前鹿島干潟の両干潟がラムサール登録湿地に指定されました。 東よか干潟は、シギ・チドリの飛来数が日本一で、2位の干潟の2倍もの飛来数を誇っています。 また、シギ・チドリ以外にも四季それぞれに多くの種類の野鳥が飛来し、運が良ければ、クロツラヘラサギ、ズグロカモメ、ツクシガモといった絶滅を危惧されている希少な野鳥も観ることができます。 季節ごとに地球規模のスケールで生息地を移動する鳥たちに学び、世界を鳥の目で見る広い視界を身につけましょう。

講師:宮原明幸氏 (日本野鳥の会佐賀支部長)