第8回 「佐賀平野の水路を科学する」

日時令和元年11月16日(土) 13:30~15:30
場所さが水ものがたり館
資料代200円
定員先着40人
申込み不要
佐賀平野では、山に降った雨を有明海に流す河川と、山に水源を持たず有明海の潮の満ち引きに従って潮水が上り下りする江湖と、平野中に網の目状に張り巡らされた水路(クリーク)が複雑に繋がり合っています。 コンピュータソフトの発達により、佐賀平野の複雑な水システムが解析できるようになりました。 佐賀平野の河川と水路網に関する最新の計算事例から見える水路特性を明らかにしていただきます。

講師:大串浩一郎氏 (佐賀大学大学院教授)