第8回 「平野に湧水池があるなんて信じられます」

日時令和3年1月16日(土) 13:30~15:00
場所さが水ものがたり館
資料代200円
申込み不要
六角川右岸、白石町西部の杵島山麓一帯には、数多くの湧水池が分布し、縫ノ池も八百年以上、地元の人々に愛されてきました。 ところが、白石地区の水道水と農業用水を確保するため、深井戸ポンプを用いて地下水を揚水したため、地下水位が低下し、湧水が途絶え、池が干上がってしまいました。 二〇〇一年、嘉瀬川から佐賀西部広域水道企業団から飲料水の供給が始まったことで地下水位が上昇し、湧水が復活しました。 それを機に、地元で「縫ノ池湧水会」が結成され、保全・利活用の活動が活発に行われています。湧水池復活の経緯と湧水会の活動状況をお聞きします。

講師:赤坂宗昭 氏(縫ノ池湧水会)