第6回 ラムサール登録から東よか干潟ビジターセンター「ひがさす」建設までの道のり

日時令和3年9月18日(土) 13:30~15:00
場所さが水ものがたり館
資料代200円
定員20人
申込み不要
東よか干潟は、「シギ・チドリ飛来数日本一」を誇る自然豊かな干潟です。シギ・チドリ等の渡り鳥が東よか干潟を選択する理由は、えさの豊富さと人間(狩猟)を含む天敵の少なさにあります。 地元住民、佐賀市、NPO法人等の協力が実を結び、2015年に肥前鹿島干潟とともにラムサール登録湿地に指定されました。 また、佐賀市はこの豊かな資産を次世代に継承するための活動の拠点として東よか干潟ビジターセンター「ひがさす」を建設しました。 その中心となって活動された講師からその経緯と東よか干潟の魅力をお聞きしたいと思います。

講師:竹下 泰彦 氏(NPO法人嘉瀬川交流軸理事)