館内で防災コーナーを
常設しています!

関連ニュース

2016
11/1
第30回筑後川フェスティバルin大川
30回記念シンポジウム報告書を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安と加藤清正」を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安が佐賀に遺したもの」報告書を公開しました
2016
7/16
九州主要河川の防災・水利・環境歴史遺産に関する基礎調査
「平成27年度」調査報告書を公開しました
2016
7/16
九州河川災害ネットワーク交流会議
「第29回筑後川フェステバルin玖珠」報告書を公開しました
2016
12/26
「竹で作る正月飾り」教室が開催されました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H26年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H25年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H24年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「平成26年度」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「18.7 川内川災害現地調査」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「24.7 北部九州水害におけるボランティア活動の実態調査」中間報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園自然池の水質を良くするには」報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園に蛍を飛ばそう」報告書を公開しました

イベント情報

10月
10/29(日)
9:30~20:30
募集締切
「石井樋ハーフキャンプ」
石井樋公園で宿泊なしのハーフキャンプを楽しみます。 略図と目標を便りにルートを探すウォーキング、ロープを使った木登り、宝探しゲーム、泥水を使ってお米を炊ける非常食づくり、みんなで作るカレーなどをボーイスカウトの指導を受けながら体験します。たくましく生きるコツを学んで下さい。
10/21(土)
13:30~15:00
10/1から
募集開始
第7回嘉瀬川交流塾
「ラムサール条約登録湿地の水鳥たち~」
平成24年に荒尾干潟がラムサール登録湿地に指定され、3年後の平成27年に東よか干潟と肥前鹿島干潟の2つの干潟がラムサール湿地として登録されました。
10/8(日)
13:00~16:30
終了
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫から筑後川、そして世界へ至る治水・水資源開発の系譜を探る」
加藤清正・成富兵庫茂安の技は筑後4堰を築造した農民集団に引き継がれ、アフガニスタンにおける堰と水路構築では筑後川の山田堰、柳枝工の技術が巧みに取り入れられています。 あるところで生まれた技術が移動し、在来知と結びついて変化していく様を国際的な視点で見てみましょう。
10/7(土)
19:00~21:00
終了
「観月会~秋の夜空を楽しもう~」
今年は10月4日が旧暦8月15日の中秋の名月ですが、天文学的な意味での満月は10月6日です。 観月会を開催する7日はまだ満月に近く、月見をするのには最も適した日です。 月と地球の不思議な関係を学び、月が昇ったら天体望遠鏡で月の表面を観察してみましょう。
9月
9/16(土)
13:30~15:00
終了
第6回嘉瀬川交流塾
「佐賀の水問題に市民総出で向きあう」
二千キロメートルを越す佐賀平野の水路は、農業用水を貯留し、平野に降った雨水を排水するといった、人に役立つ機能の他に多くの生きものたちの生きる場も確保しています。 治水から環境まで、佐賀の水問題が持つ多様な側面を市民総出で取り組む際の考え方と具体的手法を考えます。
9/2(日)
9:30~13:00
終了
「嘉瀬川防災教室~地域の防災を考えよう~」
地球温暖化の影響なのか、暴風や洪水の規模が大きくなり「これまで経験したことのない洪水」との報道を聞く機会が増えて、想定外の災害に備えなければならなくなってきています。 佐賀平野では水と食料を準備し、情報を得る方法を知って2日間何とか切り抜けられれば自衛隊・消防隊などの公助が期待できます。 佐賀平野で起こる災害を知り、備え方を学びましょう。
8月
8/20(日)
9:00~13:00
終了
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう(第2回)」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう。 四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
8/19(土)
13:30~15:00
終了
第5回嘉瀬川交流塾
「絵図に残る佐賀城の歴史」
鍋島藩には多くの佐賀城下町絵図が遺されています。 絵図に遺された構造物や濠・水路、武家地と町人町の分布などから佐賀城と城下町、人々の暮らしをさぐります。
8/6(日)
9:00~12:30
終了
「嘉瀬川の水中生物観察」
嘉瀬川には多くの水生昆虫がすんでいます。 石井樋公園の嘉瀬川で水生昆虫を採集しその生態を学び、標本作りやマイ図鑑を作りましょう。 長崎大学(水産・環境科学研究科)の学生さんたちと一緒に川に入り、生き物たちに触れて楽しみましょう。
7月
7/30(日)
9:00~12:30
終了
「水で遊ぼう・生物観察&水の科学実験」
鉄の船や鉄のクリップがなぜ水に浮かぶのかを考えてみよう。水は身近な存在でありながら不思議にみちています。 水圧や浮力など、水に関係したいろいろな現象を実験で確かめ、水の中の小さな生き物で水質を調べ、顕微鏡で観察しましょう。
7/23(日)
9:00~13:00
終了
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう(第1回)」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう。 四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
7/15(土)
13:30~15:00
終了
第4回嘉瀬川交流塾
「鍋島文書に残る佐賀の水ものがたり」
佐賀鍋島藩は記録することに熱心な藩で、成富兵庫茂安が遺した水システムをどのように維持管理したかについても多くの文書が遺されています。 鍋島文書に残る水管理の記録を読み解き、江戸時代の佐賀の人々の知恵と苦労から、現代の社会基盤の維持管理のヒントを探ります。
7/9(日)
9:30~12:30
終了
「七夕祭り~竹と遊びながら竹林の保全と活用を図ろう~」
成富兵庫がつくった石井樋では竹林が重要な役目を果たしています。 七夕竹飾り、竹鉄砲等を作って楽しみながら、竹林が治水に果たす役割に思いを馳せ、有明海の水質改善の切り札となる「二枚貝復活」のカギとなる稚貝確保に竹を活かす技を学びましょう。
7/8(土)
9:30~15:30
終了
「バス見学会~北山・嘉瀬川ダム等の水源地域を探訪する~」
脊振山系にある二つのダムは、佐賀・白石平野の治水利水の安心と安定に多大な効果をもたらしています。 ダム施設の機能と集水域である森林の状況について見聞を深め、嘉瀬川流域の望ましい上下流交流のあり方について考えながら、地元の食材のこだわった食事を提供している「菖蒲御膳」のお弁当を楽しみましょう。
6月
6/17(土)
13:30~15:00
終了
第3回嘉瀬川交流塾
「佐賀の水路の魅力と未来像」
多くの平野で水路が消失する中、幸い佐賀平野の水路は、昔とほぼ同じ面積で残り今も活用されています。 佐賀平野の水路の魅力と課題、未来へ向けた水路との向き合い方を考えます。
6/10(土)
9:30~12:30
終了
「竹林の保全と活用①~若竹の間伐を探る~」
石井樋の上流には成富兵庫茂安が暴れる水を抑えるための植えた真竹の竹林が残っています。 竹林の保全と活用事業の一環として、若竹(タケノコ)のうちに間伐して、ついでに食べる会を開きます。 茂安の治績に思いを馳せながら、竹の生命力を感じましょう。
5月
5/20(土)
13:30~15:00
終了
第2回嘉瀬川交流塾
「大崩落した熊本城の石垣を探る~構築時期の違いに見る石垣の強さ・弱さ~」
昨年四月の熊本地震で、熊本城の石垣が大崩落しました。 清正石垣が崩落したと報道されましたが、崩落した大部分は清正以後の石垣であることが分かってきました。 長年にわたって築造・補修されてきた石垣の構築時期による強さと弱さを考えます。
5/14(日)
9:30~13:00
終了
「春の石井樋 食べる植物観察会」
名前も特徴も知らなければただの雑草ですが、植物にはそれぞれ名前がついており、それぞれ個性を持っています。 中には食べると春の香りのする草花もあります。 石井樋周辺の食べられる草花を採集し、防災食と一緒に食べて、味を確かめてみましょう。 草花の名前を一番覚える方法は食べてみることです。
4月
4/23(日)
9:30~12:30
終了
「~春の石井樋公園 探鳥会~」
石井樋公園では山野の鳥と水辺の鳥と両方を30種以上観察することができます。 その貴重な生態を「日本野鳥の会」の方々の解説を交え~感動する野鳥たち~のお話を伺った後、実際にフィールドに出て、観察の仕方やコツを教えて頂きながら野鳥を楽しみましょう。
4/15(土)
13:30~15:00
終了
第1回嘉瀬川交流塾
「竜造寺隆信から鍋島直茂へ」
群雄が割拠し、戦乱が絶えない佐賀に登場し「五州二島の太守」と自らを称するまでになった隆信の戦乱の生涯と、「無慈悲」「猪突」と言われる隆信の別の視点から見える人物像と直茂との関係を物語風に考えます。