関連ニュース

2016
11/1
第30回筑後川フェスティバルin大川
30回記念シンポジウム報告書を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安と加藤清正」を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安が佐賀に遺したもの」報告書を公開しました
2016
7/16
九州主要河川の防災・水利・環境歴史遺産に関する基礎調査
「平成27年度」調査報告書を公開しました
2016
7/16
九州河川災害ネットワーク交流会議
「第29回筑後川フェステバルin玖珠」報告書を公開しました
2016
12/26
「竹で作る正月飾り」教室が開催されました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H26年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H25年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H24年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「平成26年度」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「18.7 川内川災害現地調査」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「24.7 北部九州水害におけるボランティア活動の実態調査」中間報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園自然池の水質を良くするには」報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園に蛍を飛ばそう」報告書を公開しました

イベント情報

9月
9/1(土)
9:30~13:00
8/14から
募集開始
「嘉瀬川防災教室~地域の防災を考えよう~」
昨年7月の朝倉水害では「これまで経験したことのない豪雨」により河川沿いを中心に大きな被害を受けました。 佐賀平野ではどのような災害が起こるかの講義のあと、災害が起こりそうな時、防災マップや河川の情報をもとに自分や家族がどう行動すればよいかをあらかじめ考えておくマイタイムラインづくりを通して、災害にどう準備し、立ち向かえばよいかを考えます。
8月
8/19(日)
9:00~13:00
8/1から
募集開始
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう(第2回)」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう
四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
8/18(土)
13:30~15:00
8/1から
募集開始
第5回嘉瀬川交流塾
「多布施川の自然環境を考える」
嘉瀬川・石井樋から佐賀城下へと巡る、多布施川の清流がうみだす四季の景観と多様な生きものたちは、市民に安らぎを施す素晴らしい環境となっている。 とりわけ上流域おいては、源氏ボタルや平家ボタルが生息しており、水環境保全のシンボル種であるホタル保護活動について、佐賀環境フォーラムの持続的な取り組みについて紹介します。
8/5(日)
9:00~12:30
7/15から
募集開始
「嘉瀬川の水中生物観察」
嘉瀬川には多くの水生昆虫がすんでいます。 石井樋公園の嘉瀬川で水生昆虫を採集しその生態を学び、標本作りやマイ図鑑を作りましょう。 長崎大学(水産・環境科学研究科)の学生さんたちと一緒に川に入り、生き物たちに触れて楽しみましょう。
7月
7/29(日)
9:00~12:30
7/3から
募集開始
「水で遊ぼう・生物観察&水の科学実験」
鉄の船や鉄のクリップがなぜ水に浮かぶのかを考えてみよう。水は身近な存在でありながら不思議にみちています。 水圧や浮力など、水に関係したいろいろな現象を実験で確かめ、水の中の小さな生き物で水質を調べ、顕微鏡で観察しましょう。
7/28(土)
12:30~18:00
7/3から
募集開始
「嘉瀬川河口での牡蠣礁復活竹立て作業」
有明海の環境問題で最もやっかいな貧酸素水塊を減らすには、二枚貝を増やすことが最も効果的であることが科学的に証明されています。 さが水ものがたり館近くの兵庫竹林の竹を伐採し、嘉瀬川河口に立て込んで牡蠣を増やす作業を漁民の皆さんと一緒に取り組みましょう。
7/22(日)
9:00~13:00
7/3から
募集開始
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう(第1回)」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう
四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
(第2回8月19日)
7/21(土)
13:30~15:00
7/3から
募集開始
第4回嘉瀬川交流塾
「広滝第一発電所(城原川)に関する新たな発見」
今から110年前、牟田萬次郎によって城原川上流に建設された広滝第一発電所は今も現役として発電を続けています。 先日、沈砂池・取水口付近の調査で、建設当時の取水口・沈砂池と思われるものが新たに発見されました。 広滝発電所の歴史を探り、城原川の今後を考えます。
6月
6/17(日)
9:30~15:30
6/1から
募集開始
「バス見学会~五ヶ山ダム・田手川水辺施設を探訪する~」
福岡都市圏の水道用として完成した五ヶ山ダムは湛水試験に向けて水が貯められています。 県境に建設するダムの難しさとダムの働きを学びましょう。 また、成富兵庫が福岡側に流れていた水を蛤水道で導いた田出川に、魅力的な水辺施設が完成しました。 新たな里山の魅力を楽しみましょう。
6/16(土)
14:30~16:00
6/1から
募集開始
第3回嘉瀬川交流塾
「朝倉水害の復旧計画を考える」
昨年7月の九州北部豪雨により朝倉市を中心に未曽有の災害が発生しました。 被災を受けた地域をどのように復旧するかについては様々な考え方があります。 朝倉水害の復旧計画はどのような考え方で作られたのか、計画策定の当事者からお聞きします。
6/9(土)
9:30~12:30
6/1から
募集開始
竹林の保全と活用①~若竹の間伐を探る~
石井樋の上流には、成富兵庫茂安が暴れる水を抑えるための植えた真竹の竹林が残っています。 竹林の保全と活用事業の一環として、若竹(タケノコ)のうちに間伐し、ついでに食べる会を開きます。 茂安の治績に思いを馳せながら、竹の生命力を感じましょう。
5月
5/19(土)
13:30~15:00
5/1から
募集開始
第2回嘉瀬川交流塾
「朝倉災害の流木被害から何を学ぶか」
昨年7月の九州北部豪雨により発生した災害の最大の特徴は、真砂土と一緒に大量の流木が流れ下り、中小河川の流域に甚大な被害をもたらしたことです。 災害が発生した地域の林業の実情とこれほどの災害になった原因について、林業専門家のお話をお聞きいたします。
4月
4/21(土)
13:30~15:00
4/3から
募集開始
第1回嘉瀬川交流塾
「佐賀・筑後平野で活躍した治水・利水家群像を訪ねて」
成富兵庫茂安・加藤清正から始まった九州の治水・利水事業は筑後4堰を造り上げた農民達、 デ・レイケ導流提を築いた石黒五十二に引き継がれ、 中村哲医師が造るアフガニスタン水路にまで伝承されていきました。 両平野の水事業に関わった治水・利水家群像を探ります。
4/1(日)
9:30~15:00
終了
「成富兵庫・桜ウォーク+兵庫祭り」
成富兵庫が掘ったといわれている多布施川の桜並木を楽しみ、歴史的解説を交え石井樋までをのんびり、ゆっくり歩きます。