関連ニュース

2016
11/1
第30回筑後川フェスティバルin大川
30回記念シンポジウム報告書を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安と加藤清正」を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安が佐賀に遺したもの」報告書を公開しました
2016
7/16
九州主要河川の防災・水利・環境歴史遺産に関する基礎調査
「平成27年度」調査報告書を公開しました
2016
7/16
九州河川災害ネットワーク交流会議
「第29回筑後川フェステバルin玖珠」報告書を公開しました
2016
12/26
「竹で作る正月飾り」教室が開催されました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H26年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H25年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H24年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「平成26年度」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「18.7 川内川災害現地調査」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「24.7 北部九州水害におけるボランティア活動の実態調査」中間報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園自然池の水質を良くするには」報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園に蛍を飛ばそう」報告書を公開しました

お知らせ

開館のお知らせ さが水ものがたり館は2020年5月26日(火)より通常通り開館しております

イベント情報

7月
7/23(土)
9:30~12:00
7/1(金)9:30
から
募集開始
「水で遊ぼう・生物観察&水の科学実験」
鉄の船や鉄のクリップがなぜ水に浮かぶのかを考えてみよう。 水は身近な存在でありながら不思議にみちています。 水圧や浮力など、水に関係したいろいろな現象を実験で確かめ、水の中の小さな生き物で水質を調べ、顕微鏡で観察しましょう。
7/16(土)
9:30~15:00
申込不要
第4回嘉瀬川交流塾
「線状降水帯にさらされる九州の河川」
平成29年(2017)7月の九州北部豪雨で筑後川流域の朝倉一帯が、令和2年(2020)年7月の豪雨で球磨川流域が激烈な被害を受け、多くの死者を出しました。 そのいずれも南西から北東方向に長時間居座った線状降水帯によるものでした。最近、地球温暖化の影響で気候が激烈化し、線状降水帯の発生数が増大しています。 九州は東西に流れる大河川が多いことから、線状降水帯による被害の増大が懸念されます。 最近の気象の状況と九州の河川が置かれている危険な現状とその対策を学びます。
7/10(日)
9:30~13:00
6/15(水)9:30
から
募集開始
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう。 四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
6月
6/18(土)
9:30~15:00
6/1(水)9:30
から
募集開始
第3回嘉瀬川交流塾
「佐賀市の内水対策の重要箇所を巡るバス見学会」
令和元年と令和3年、佐賀市内は3年間に、平野に降った雨による内水により2度の浸水被害を受けました。 平成2年の浸水被害以後、浸水被害を少なくするため、多くの対策が行われてきましたが、その努力を越える豪雨により甚大な被害を受けました。 これまで取り組まれてきた内水対策事業の現地を巡って、その対策を学びます。
6/5(土)
9:30~12:30
5/17(火)9:30
から
募集開始
尼寺竹林の竹切作業「タケノコ沢山お持ち帰り付き」
石井樋の上流には、成富兵庫茂安が暴れる水を抑えるために植えた真竹の竹林が残っています。 竹林の保全と活用事業(竹を切って、有明海の干潟に立て込んで牡蠣礁を増やす)の一環として、竹切作業を行います。 この時期は真竹のタケノコの時期です。 作業のご褒美として若竹(タケノコ)取り(掘るのではなく、折ります)をして、持ち帰ることができます。 茂安の治績に思いを馳せながら、竹の生命力を感じながら作業しましょう。
5月
5/28(土)
9:30~12:00
5/3(火)9:30
から
募集開始
「嘉瀬川の歴史と防災事業を探るウォークキング」
成富兵庫が佐賀城下に水を送るために嘉瀬川に設けた石井樋を出発し、嘉瀬川の治水能力を高めるために繁茂しすぎた竹林を伐採している工事現場、佐賀平野と白石平野に水を送っている川上頭首工、佐賀の一之宮である與止日女神社等を巡り石井樋公園に戻るコースを、ゆっくり歩きます。
5/21(土)
13:30~15:00
申込不要
第2回嘉瀬川交流塾
「マスコミ人が見た筑後川の歴史ー筑後川河川事務所開設100周年にあたってー」
明治維新を成し遂げた新政府は、1887年(明治17年)に筑後川改修に乗り出しますが、水運(デ・レイケ導流堤)を国が担当し、防災事業は県事業としました。 1889年に未曽有の大水害が発生したことから1923年に直轄河川事務所を設置して、治水を主とした第二次筑後川河川改修事業に取り組みました。 今年は筑後川河川事務所開設されて百年目にあたります。 これを機に、これまで九州における公共事業に関する書籍を多く刊行してこられたマスコミ人が見た筑後川の歴史をお聞きしたいと思います。
入門講座5/21(土)
9:30~12:30

宿泊実習6/11(土)
(11日)14:00~(12日)12:00
5/3(火)9:30
から
募集開始
「キャンプ初心者入門講座」
石井樋公園に接した河川敷でキャンプを楽しまれる方が増えてきました。 キャンプの心得、必要な道具の紹介、火起こし等のキャンプ初心者講座を2回に分けて開講します。 初回はキャンプの心得、必要な道具の紹介の後、火起こし実習などを行います。 2回目は、自分たちで用意したキャンプ道具、食事材料を使って一泊のキャンプ(デイキャンプも可)を行い、キャンプの基礎を学びます。
4月
4/16(土)
13:30~15:00
申込不要
第1回嘉瀬川交流塾
「石組み技術の歴史を探る~大野城・神籠石・穴太積みからアフガニスタンまで~」
近代的な建設材料である鉄やコンクリートが普通に使われるようになる前までは、土・木・石などの自然素材を使って土木事業は行われてきました。 水が直接当たる場所や高いお城を作りたい場合は大きな力がかかって土と木で持ちこたえるのは難しかったため、石を組み合わせて耐える技術が発達してきました。 古代の大野城・神籠石の石組みから、戦国時代の穴太積みへと発展した技術は、江戸時代の農民・石工に伝承され、堰や干拓堤防などに使用されました。 さらに、筑後川の山田堰の斜堰にヒントを得た中村哲医師によりアフガニスタンの水路建設に活用され、世界的な広がりを見せました。 今回は、大野城・神籠石・穴太積みからアフガニスタンへと至る石組みの技術を探りたいと思います。